沖縄旅行とダイビング2012年1月 渡嘉敷島の旅

2012年1月19日 移動日 那覇市内めぐり

ANA1710便 新千歳空港7:40発-関西空港9:55着
ANA1735便 関西空港10:30発-那覇空港12:45着
ゆいレールの那覇空港駅、空港ターミナルの2Fと直結です。本日は何回も乗る予定なので1日券600円を迷わず購入します。

那覇空港駅のすぐそばにモノレールの車両基地があります。

那覇空港には、陸海空すべて自衛隊の基地があります。写真は海上自衛隊の対潜哨戒機P-3C

次の赤嶺駅の少し手前に、歴代戦闘機(F86、F104、F4)が展示してあります。

見栄橋駅を降りたところの交差点です

国道58号線、一番向こうにみえる、斜めというか階段状のビルが、とまりん(泊港ターミナル)です。

本日の宿泊は、いつものとおりラッソ松山、今回は1泊3200円です。チャックインまで時間があるので荷物だけ預けて出掛けることにします。今回の宿泊のおまけ「たんかんミルク味アイス」、さっぱりしていて美味しかったです。

本日の目的地は、いつも飛行機から着陸態勢の時見える滑走路の南にある瀬長島です。再びゆいレールに乗って、赤嶺駅で降りて約4帰路歩いていくつもりです。この看板見てください、ファミマじゃなくてカラオケの上のところに「軍用地売買」那覇だけではなく本島各地で見かけます。これが沖縄の現実なんです。

自衛隊のレーダーです

弾薬とかを保管するようです。古墳でいうと方墳みたいです。

離陸する飛行機がそろそろ近くに見えるようになった頃、雨が降りはじめました。街路樹に雨宿りしながら進んでいきましたが雨脚がさらに強くなって、近くに沖縄バスの車両基地があったので瀬長島に行くのはあきらめて那覇の中心部まで戻ることにしました。

適当に「街の中心部まで行きますか?」という感じで載ったので、バスは細い道をずいぶん回り道して途中モノレールの高架が見えたので奥武山公園駅(おおのやまこうえんえき)の近くで降りました。バスから降りると青空か出ていました。結局、歩かないで、赤嶺駅からタクシーで行けばよかったですね。いずれにしても沖縄では、レンタカーを借りた方が圧倒的に自由度の高い行動がとれます。
巨人のキャンプやオープン戦で使われる奥武山野球場

交差点の陸橋を渡るとおもしろい看板を発見

「豚の丸焼」って!地元では有名な、お店らしいです

奥武山公園駅でモノレールにのってすぐ南東方向に東京タワーみたいなのが2つ見えます。まん中の白いのは「とよみ大橋」といって那覇東バイパスが漫湖をまたぐ橋です。

豊見城市高安にあるテレビ塔です

南風原町(はえばるちょう)にあるFM沖縄の電波塔

ゆいレール壺川駅手前から国場川下流方向、すぐ上流に読み方で有名な漫湖があります。

県庁前駅で降ります。沖縄県庁です。

沖縄県庁のある交差点、ここから国際通りが約1.6キロ続きます。

県庁前駅直結の百貨店、パレットくもじ

これはなんだと思います?県庁前駅の階段とエスカレータの屋根です。

再びゆいレールに乗って、小禄のイオンで夕食と島へ持っていく缶ビールとかを購入して、ホテルへ戻ります。

翌日 渡嘉敷島 1日目へ続く

沖縄旅行とダイビング2012年1月 渡嘉敷島の旅