凡人のとりあえずビールインデックスへ すすきのへ行こう!携帯版QRコード
某キャバクラナンバー嬢の哀しいその後

 某キャバクラ店ナンバーワンの娘のお話です。美人でスタイル抜群、当時10代(19歳だったかな?)にもかかわらず、話すと考え方は大人でさすがナンバーワンという感じでした。推定月収80~100万円、お金を貯めて、海外に留学するという夢を語ってました。

 そして数年後、風の噂で耳にしたのは、男に騙されて、子供までかかえて、貯めたお金は全部持って行かれて、ひっそりと、すすきのの飲み屋で働いているということ。さすがに店の名前まで聞いてましたが、会いに行きませんでした。だって会いに行って、どう話を切り出したらいいのかわからないじゃないですか。

 夜のネオン街ではよくある話ですが、実際に知ってる女の娘の哀しい話は初めてでした。どちらかというと、ほとんどが笑い話にできるような実話が多い中ちょっとショックな話でした。


札幌すすきの他ネオン街編の目次に戻る