凡人のとりあえずビールインデックスへ すすきのへ行こう!携帯版QRコード
メイショウサムソンはGIあと2つ勝っていたかもしれない

 GI4勝(皐月賞/ダービー/天皇賞春・秋)なのに、あまり最強馬とも名馬ともとりあげられないのですが、ディープインパクトの1つ下の世代というのも印象を薄くしている原因かもしれません。おまけに2007年は、天皇賞春秋を勝っているにもかかわらず、皐月賞、ダービーでははるかに後でゴールしたアドマイアムーンに年度代表馬をもっていかれたのも影が薄い原因かもしれません。

 さてアドマイアムーンも引退した2008年の天皇賞春と宝塚記念ですが、頭差の2着、いずれも直線で前を行くアサクサキングスが外へ斜行気味に進路を変更したあおりで鞍上の武豊は手綱をひっぱって一度減速しています。それさえなければ、頭差はなんとかなっていたのではと思います。タラレバは終わってから言っても仕方ないことですが、ビデオで見ると、宝塚記念も、アサクサキングスと同じ位置取りでまたまた不利を受けています。

 前年の天皇賞秋に、デビュー以来の鞍上の石橋守から武豊に乗り替わって勝って、その後は引退まで一度も勝っていません。2008年のジャパンカップのみ負傷休養中の武豊に替わって、石橋守に手綱は一度戻りましたが、現役最後の有馬記念では鞍上は武豊に戻りました。


どうでもよくないかもしれないけど、どうでもいい話目次へ