凡人のとりあえずビールインデックスへ すすきのへ行こう!携帯版QRコード
2006年12月の週末の過ごし方

 2006年の話(書いたのは12月の中旬だったと思う)

まずは、先々々週の週末、7時過ぎに某ニュークラ嬢から電話。
「同伴の予定の人かドタキャンになったの、今すぐ来て~!」
 15分後、すすきの交番あたりで合流してしまう凡人ってなんなの?こういういきなり同伴なんてもの予定もなにも考えてないし、おまけに店への入店は8時半までだから食事時間はたったの1時間、とりあえずニッカおじさんのネオンのビル(すすきのビル)のエレベータに乗って上がるも満員お待ち状態なので、ロビンソンの上で適当に「とりあえずこのコース料理1時間で出して!」落ち着かない食事を済ましてお店へ。当然服着替える間はヘルプの娘と時間つぶし、やっと嬢が席に着く「すすきのボランティアおじさん」としては、「何考えてんだよ~!」とは言いながらも電話で呼ばれて15分で飛んでくるバカ者なので説得力なさすぎ。

 その後、本日は飲む予定じゃないのに「すすきの」に出てしまったものだから、かえって酒が進んで同伴嬢のお店が終わる頃に電話「お店終わった?」「うん今終わったところ」ここでキャッチが入ったようで切られる。その後2時間程飲んで電話を待つもののかかって来る気配なし、途中2度電話をするも途中でブチ切れ!管理人もブチ切れ!
 「別によ~!アフターしろ!って言ってんじゃないんだよ。普通はこういう場合はまず、今日は本当にありがとう、助かった!」でしょう。その後バツ悪いのか、メールも電話もなし、でもって忘れた頃に「久しぶりに会いたいね!」ってメール来て、こっちが返事すると、すぐ電話返してきて、またフリダシからスタートするわけ。

 こういうアホな客がいるから、「すすきの」で商売成り立つんだろうな~!

 先々週の週末午後5時半ごろ、ヨドバシカメラのネットショッピングのページを見ると
「50台限定東芝DVDレコーダー(もちHDD付)29,800円!」
 ポチッ!っとクリックして注文しようかなと思ってたら、今日は某飲み屋のお姉ちゃんと同伴でもなんでもなく6時半すすきの集合でお約束をしてたもんで、しかたなく家を出る。1軒目は安い飲み屋で平和なひとときを過ごしたんだが、何を思ったか「女の娘に接客されるのもいいかも」とニュークラに連れてってしまったのが間違いの元。おいらは久しぶりのおなじみ嬢&ときたま席に着いてくれるナンバー1嬢で、それなりに盛り上がる。飲み屋のお姉ちゃんの方は、同業なので、もっと盛り上がる気がつけばラストまで。お会計はというと上記DVDレコーダー2台分しっかり買えますね~!お勘定2人分だもんな~!

 先週週末午後7時くらいに、すすきのへ、約半日すすきの地区に滞在、タクシー乗って自宅到着したのが午前6時過ぎ。昼過ぎ起きて、女の娘の名刺やら、お会計(領収書)を整理すると、計7軒約6万円でした。だいたい飲んでるときは勢いなもので、翌日冷静になると、自分で「すげぇや~!」って思う訳で、ここ最近はお店に長居して、お会計が「ドッか~ん!」というのが多かったのですが、昨日みたいに動きまわったのは過去に記憶はない。(記憶?飛ぶ!って事はありませんので確か)
 内訳はニュークラ2軒、スナック4軒、ニュークラ(パブ?)1軒。最初のニュークラで指名嬢がまだ出勤していなかったのが誤算のはじまり、時間つぶしていったニュークラ(ふつ~はニュークラ、時間つぶしに使わねぇ~だろ!)、フリーワンセットで早い時間なら安上がり~のつもりだったが、出てきたボトルは残り1センチ、ボトルの残量までは記憶にない、というか、自分の意識以上にいつも飲み過ぎてるわけだ。入店着席と同時にニューボトル!ということでお会計はそれなり。そんでもって指名嬢のお店に入った時はすでにセット料金大幅アップの時間帯、ここでもうどうでもいいや!で3本延長で大いに飲む。勢いついたらもう止まらない、気がつけば朝。

 翌日は同窓生との飲み会、地下鉄駅降りたところに集合、約半日(12時間)で、すすきの地区に復活。さすがに、毛穴から酒が吹き出してきそうな状態だったので1杯目は、ウーロン茶でした。めずらしく2軒で地下鉄にて解散。友人より「やっぱ飲み過ぎて1度身体壊した方がいいよ!」「すすきので飲むのが仕事か~!?」長年の友人は遠慮なくありがたいアドバイスをしてくれます。

 しかし、上記以外の平日も飲みに出ていたりします。救いようのない奴ですね!


札幌すすきの他ネオン街編の目次に戻る