凡人のとりあえずビールインデックスへ すすきのへ行こう!携帯版QRコード
過去の名店~チック~

 管理人のニュークラブ通いの原点のお店です。(はじめて行ったのは「セラヴィ」ですが。)

 そのお店は、第3グリーンビル3F(南4条西3丁目)にありました。2002年4月に店名が「リンダ」に変わりました。その後わずか半年後2002年9月に閉店しました。料金はこんな感じです。  飲み放題60分1セット 19:30~21:00 3800円 21:00~ 4800円 延長30分 2500円 指名料 1500円 税サ 12%

 女の娘のドリンクも500円~800円くらいと格安、ていうか約1名(特にカワイイから許す!)を除いて、安いドリンクしか頼みません。9時までに入店すれば指名で90分飲んでも1万円札でおつり有り。

 当時は、同店のとなりに同じチェーンの「トップスピン」というお店が当時あって、エレベータで行くと「トップスピン」前を通らないと「チック」たどり着けません。「トップスピン」にもある程度通っていたのですが「チック」に行く頻度の方が高いのを「トップスピン」の女の娘も知っているので、エレベーターに乗って行くと「トップスピン」に拉致されて(実話でありました)「チック」にたどり着けないため、いつも西側の階段を歩いてお店に行ってました。

 なんで、このお店が大好きだったかというと、指名する女の娘が1人じゃなく多数だったわけです。入口で「Aちゃん、Bちゃん、Cちゃん、Dちゃんで、今空いてる娘が本指名」で入って、飲んでいるうちに勝手に空いた娘が管理人の前に座ります。「おめえ呼んでねぇよ~!」と言いつつも「場内指名」が入ります。ここって本質的にはマンツーマンの接客のお店なんですが、何故か1対2で飲んでる機会の多い事か?管理人としては、ニュークラブで飲んでいるというより、スナックで飲んでいるという感覚でした、そのくらいお店の居心地よかったです。

 お店の内装は、はっきり言ってボロボロ、壁に穴はあいているし、壁紙はがれているし・・・とかいつも言ってうちに、突然の店名変更リニュアルオープン変わったことと言えば、管理人指摘の壁の穴は直ってるし、壁紙張り替えて、指名料が500円アップしただけ。(笑い)あとは何もリニュアルしてませ~ん!

 その後6か月でお店は閉店になってしまいました。別にお客さんが少なかったわけではないと思います。料金安いわりに、たぶん女の娘のギャラが高くて採算が合わなかったんだろうと思われます。しかしこのお客さんにとっても女の娘にとってもグループの入門店としての役割を考えると閉店はとても残念なことでした。お店の女の娘は、チェーンのお店へ移籍、または他のお店に旅立っていきました。チェーンの他店舗へ移籍した女の娘もあまり長続きせず、そのほとんどは他のお店へ移籍しました。

 現在は、管理人の愛した「チック」出身の女の娘はほとんど「すすきの」を去ってしまいました。いつかみんなで「同窓会」しませんか~?まだ10代だった君たちが、子供かかえて集まる頃に。


札幌すすきの他ネオン街編の目次に戻る