凡人のとりあえずビールインデックスへ すすきのへ行こう!携帯版QRコード
24へ行こう!

 北24条といえば、管理人が札幌へ出てきて10代後半から、最初に過ごした街です。今は昔というか、ずいぶん変わってしまいましたが、2006年までの北24条は、たぶん日本一安いヌキの街でもありました。午後8時まで40分3500円!信じられますか~?「すすきの」のニュークラブの指名料相当、居酒屋1軒分のお会計とほぼ同じです。

 北24条の某有名店の会員でもあった凡人はその某有名店オンリーでした。会員番号がかなり若い番号なので、女の娘からは古いお客さんだよねぇ~っていつも言われました。会員だと電話予約して時間指定でお店にいけば待ち時間無しでご案内となります。でもねえ、別にいやじゃないけど連続で巨体の女の娘の接客が続いたのよね~!北24条は、安いぶん、太めの女の娘が多いのは仕方ないと思うけどね。でもサービスはきっちりなのでこの値段で文句をいう方が悪いと思います。

 という、ことで新規開拓、某有名店と同じビル内の、某有名店へいってみました。初回当然フリーです。出てきた女の娘はというと「君ならすすきので40分10000円のお店でも不満なし」という感じの女の娘でした。サービスも申し分なしです。2回目もフリーで、今度も初回と同様、容姿・スタイル・サービスとも満足度は同じでした。3回目もフリーで行きました、すると初回の女の娘でした。このお店はコマ(席)数少ないので、そりゃ時間帯同じで通うと同じ女の娘に当たりますよね!指名してないにもかかわらず、サービスは初回以上の頑張りです。今度行くときは1500円の指名料をケチらないようにしようね!

 北24条は、2つのビルにお店が集中していました。長く続いているお店とすぐなくなってしまうお店の2タイプ。だめな店ほど店頭での呼び込みが激しい。具体的な情報はほとんどなし、1回3500円ですから自分の足で優良店を探しかない。同じお店に同じ時間帯にフリーで3回も行けば、だいたいそのお店の評価は出ます。それでも「すすきのヘルス」1回分の出費ですから。

 と、そんな時代もありました。今じゃ、すすきのでも5000円以下の激安店がたくさんできちゃいましたね。


札幌すすきの他ネオン街編の目次に戻る