凡人のとりあえずビールインデックスへ すすきのへ行こう!携帯版QRコード
クレーマーではない、ほんとに役に立つ消費者の意見

 一度売上高3兆円オーバーの企業のホームページから意見を投稿して、その企業が、そのとおり実行して、ある商品でトップシェアをとりました。もちろん凡人は1円ももらえるわけではありません。その企業のどっかのポジションの責任者のお手柄になってしまったのだと思います。

 実は、企業自体が気が付かない消費者の声というのは、場合によっては何十億、何百億円の収益改善効果があるんです。消費者目線というか、商業だと買い物客の目線というのは、意外と企業の方は気が付かないものだと思います。ライバル企業の研究には余念がないわけですが、チェックする目線は同じライバル企業の目線なわけです。

 どうして気が付かないんだろう、こんな単純なことって思ったことはたくさんあります。具体的にどんな内容とは書きませんが、相手は売上高1兆円オーバー企業だし別に、凡人のアドバイスがあろうがなかろうが、凡人は1円ももらえるわけじゃないし関係ないじゃんと思うわけです。

 なんとかコンサルタントに無駄なお金を使うより、消費者のアイデアとご意見募集とかのコーナーを作って、採用された方には、収益に応じた報酬をお支払いしますとかあれば投稿しますけど。


どうでもよくないかもしれないけど、どうでもいい話目次へ