凡人のとりあえずビールインデックスへ すすきのへ行こう!携帯版QRコード
名馬のローテーション

 3歳時に、NHKマイルカップ、ダービー、天皇賞秋、ジャパンカップのGI4つ。この4レース勝ってしまったら、古馬になって国内ではもう取りに行くタイトルはないと思います。

 昨年(2010年)アパパネが牝馬三冠をとっても年度代表馬になれませんでした。牡馬で三冠馬が誕生しても、同じ年の3歳馬で、NHKマイルカップ、天皇賞秋、ジャパンカップと勝つ馬が出現したとしたら、三冠馬も年度代表馬には選出されないと思います。

 安田記念がダービーの前後で両方に出走できるレース間隔の番組編成で、3歳春にマイルで古馬と対戦するのが望ましいですが、NHKマイルカップのレースレベルが非常に高く、この時期の3歳馬が古馬マイナス3キロでマイル対戦すれば上位の3歳馬は古馬を圧倒するんじゃないかと思います。

 皐月賞が三冠の踏み台でしかない存在になってしまい、菊花賞は、その年強い三歳馬は天皇賞、ジャパンカップのローテーションに向かってしまうようになった近年です。

 有馬記念や宝塚記念は、タイトルの価値という意味で開催時期と出走馬の選出方法(ファン投票優先)で最初から狙ってローテーションを作っていくレースではありません。春の天皇賞なんて昔はメジロのようにこのレースを目標に馬を生産する牧場もありましたが、今ではデビュー前から春の天皇賞を目標にする関係者なんて皆無だと思います。

 東京競馬場開催のレースばかりですが、結局タイトルとして価値のあるレースって東京競馬場開催の4レースしかないんじゃないかと思います。

どうでもよくないかもしれないけど、どうでもいい話目次へ