凡人のとりあえずビールインデックスへすすきのへ行こう!すすきのへ行こう!携帯版QRコード
ソープの広告がない理由

 「すすきのへ行こう!」と「薄野の凡人」のソープのページは圧倒的なアクセス数を誇ります。少なく見積もって1日50人くらい、うちのサイトを参考にお店に行ってるとしたら、1人1万5千円として1年で3億円近い経済効果です。もう10年目なので、ん十億ってか!でもスポンサーないので1円も入ってきません。

 一度、当時一番人気があったお店が、うちのサイトからどのくらいオフィシャルHPに飛んでいっているんだろうと調べたことがあります。多い日は1000以上、平均しても500は下らないくらいでした。別に金もらって掲載している訳じゃないのと、「うちは一番店だ!」っていい気になっていたようなので、1年くらいリストから落としてみました。その方が、少々暇になって常連の人も予約が取りやすくなるだろうって、大きなお世話ですが。そう、お店の方は気づいてないかもしれませんが、1年で確実に5%以上は売上落ちたと思います。でも、そのお店はたぶん気付いてないと思います。気付けば「どうしてうちの店が掲載されてないんですか?」ってメール来ると思うんですよ。

 で、本題です。なぜソープの広告がないかっていうと、ソープって営業に行かないと広告取れないわけです。すすきのポータルサイトの集客力なんてわかっちゃいないわけですよ。客として行くならともかく営業に行って、いかにも業者って感じで、うちのサイトの力をわざわざ説明するなんて面倒ですもん。説明するより店舗リストから落としちゃえば、売上確実に減りますって!これだと恐喝営業になっちゃいますね。


札幌すすきの他ネオン街編の目次に戻る
薄野の凡人