凡人のとりあえずビールインデックスへ すすきのへ行こう!携帯版QRコード
体力年齢は永遠の18歳です

 フィットネスマシンのエアロバイクに体力測定のメニューがあります。耳に心拍センサーをつけて、12分間、3分おきに負荷が上がって、負荷の上昇と運動量で最大酸素摂取量から体力年齢を測定するものです。

 最大酸素摂取量(1分間に体重1キロあたり何mlの酸素を身体にとりこむことができるか)の値によって体力年齢が表示されます。50ml/分を越えると体力年齢18歳と表示されます。凡人は18歳の表示を出すのが当然と思っております。18歳が出せなくなったら介護施設にでも入居して人生を引退しようと思っています。

 それでも、強い運動をした後の測定とか、しばらく運動していないでいきなり測定したりすると30歳代が出たりなんかしますが、3日連続でトレーニングすると、ほとんど18歳に若返ります。

 体力年齢は18歳が最高表示なんですが、最大酸素摂取量は、たぶん70ml/分が最高値だと思います。もちろん出したことあります。70ml/分以上というのは、ほとんど世界のトップアスリートの数値でそれ以上の数値を正確に測定するには、酸素マスクして、トレッドミルで走って測定するしかないのではと思います。

 いずれにしても、こちらのマシンでも測定不能の最高値を出しているので、まあ満足しています。


美と健康編目次へ戻る