凡人のとりあえずビールインデックスへ すすきのへ行こう!携帯版QRコード
東京(首都圏)の生活は地方の犠牲の上で成り立っている

 今回の震災で首都圏が電力不足になった事で、東京(首都圏)というのがいかに地方の犠牲によって成り立っているか自覚する時期にきているんじゃないかと思うんです。

 電力だけじゃなく食料にしても、地方の力がないと食べていくことはできないし、消費するだけ消費してゴミは地方にねと言っているのと同じ事なんですよね。

 富だけが首都圏に集中して、その札束で地方の人のほっぺたたたいて原発作ったり、食料買ったり、中世のヨーロッパの植民地政策と同じなんですよね。日本の中でも南北問題と同じ問題が存在するわけなんです。

 地方は、多少貧しくたって、不便だって、首都圏が機能しなくなっても別に生きていくことは可能なんですよ。


東北地方太平洋沖地震について思うこと目次へ