凡人のとりあえずビールインデックスへ すすきのへ行こう!携帯版QRコード
ピンハネする奴、ピンハネされる奴、どちらも関係ない奴

 世の中のビジネスというのは、表題の3種類だと思うんです。サラリーマンにしても、自分の稼ぎというか働きが給料を大きく超えている人は企業にピンハネされているわけだし、天下りで出社もしない、なにもしないで年間1000万以上給料もらっている人は企業からピンハネしているわけです。

 タレントとか歌手で大ブレークしても、給料は月10万少しだったりするのも同様です。

 さて、ピンハネしないされないようにするにはどうしたらいいでしょうか。結論は、すべてビジネスを自分で作り上げていくことです。

 たとえば路上ライブから歌手になるとします。ネット配信して、自分でCD販売して、JASRACにも登録せず、カラオケ各社、着うた配信各社とも直接契約することです。すこしヒットしたら億万長者になれます。グラビアアイドルもも同じです。芸能プロに所属しないでCM契約とれたら何千万円ものお金が一気に入ってきます。小説家やライターもそうです、自費出版してミリオンセラーだったらとんでもない金額は入ってきます。

 コンビニとかフードビジネスのフランチャイズとかは、ピンハネ商売の代表的なものですが、コンビニに勝てる個人商店を経営することや、フランチャイズに勝てる飲食店を経営することは大変なことです。多くの人がラーメン屋の開業に走るのはわかるような気がします。個人経営なら家賃にもよりますが1日50~100杯売れれば、とりあえず食っていける、ちょっとブレイクして行列が出来る店になったら大儲けできますから。


どうでもよくないかもしれないけど、どうでもいい話目次へ