凡人のとりあえずビールインデックスへ すすきのへ行こう!携帯版QRコード
メジロ牧場

 古くからの競馬ファンには残念なニュースです。2011年をもって伝統のメジロ牧場が閉場するそうです。

 春の天皇賞(3200m)の重要度が下がってきた近年の傾向から仕方がないのかもしれません。メジロ牧場は、天皇賞(昔は秋も3200mでした)を目標に馬を生産していました。その目標通りに、メジロアサマ、メジロティターン、メジロマックイーンと3代続けて天皇賞馬を生産しました。

 他にもメジロライアンからメジロブライト、メジロドーベルと自家生産にこだわり名馬を生み出しています。ある意味自家所有の血統にこだわりすぎたのも近年の成績不振の原因だったのかもしれません。

 しかし、自家生産馬の賞金だけで牧場を運営するオーナーブリーダーを長く続けてきたことは驚異的なことです。だからこそ種付け料の高い種牡馬をつけることができなかったということもあると思います。生産した馬を売る場合ですと、走っても走らなくても売ってしまえばそこで利益が確定するわけですが、オーナーブリーダーの場合は生産した馬が走って賞金を稼いでこそ牧場の運営ができるわけですから。


どうでもよくないかもしれないけど、どうでもいい話目次へ