凡人のとりあえずビールインデックスへ すすきのへ行こう!携帯版QRコード
マイルを貯めて飛行機に乗る(その1)

 社会人2年目の三井銀行札幌支店の窓口の女の子がかわいかっただけの単純な理由で、1984年からJCBカード一筋、その後、太陽神戸と合併して「さくらカード」になりましたが、ピンクのカードはそこらへんのゴールドカードを上回る230万の限度額。すすきのでバシバシカードを切るようになってからは年間決済額は300万前後、ポイントだけで年間5万ポイント近く貯まるのでJCBギフトカードに交換してました。

 札幌に定住してもう30年を越えますが、2年か3年に1回くらいしか飛行機に乗ることはなく、ほぼ25年が過ぎました。2009年からダイビングを始めて初めてマイルを貯めて飛行機に乗れることに気付いて2009年6月よりANAJCBカードを作る。

 2010年末までの1年半で貯まったマイルは約15万マイル、ANAのネットで航空券購入に使えるeクーポンに換算すると約23万円分になります。

 いつの間にか普通のANAカードからANAワイドカード、ANAワイドゴールドカード、そして現在はANASFCゴールドカードになってしまいました。

 乗れば乗るほどマイルが貯まる、カードを使えば使うほどマイルが貯まるの相乗効果で今年(2011年)ついにプラチナメンバーの資格をクリア、とりあえず永久のマイル50%増しの権利取りと、搭乗時の預け荷物の制限20キロから40キロにアップするのがダイビングをする凡人には超魅力的でSFC(スーパーフライヤーズカード)を取得しました。

 空港でラウンジが使えるっていうのは別にゴールドカードのカードラウンジで充分だし、なんかANAのラウンジの雰囲気ってガツガツとタダ酒を飲むためにいる人が多くてあまり好きじゃありません。

 どうやってマイルを貯めるかって話は、その2へ続く


どうでもよくないかもしれないけど、どうでもいい話目次へ