凡人のとりあえずビールインデックスへ すすきのへ行こう!携帯版QRコード
マイルを貯めて飛行機に乗る(その2)

【カードを使ってため貯める編】

 ANAJCBカードは、1000円につき1ポイントポイントが貯まります。1ポイントを10マイルで交換することが出来ます。

 現在凡人が現金で支払っている公共料金は、ガスと水道だけです。携帯電話、NTT、北海道電力はカードの支払いが可能です。これにOCN、レンタルサーバーと月々固定的にカードで支払う合計金額が約35,000円これだけで年間42万円4200マイル分になります。

【クイックペイ】

 JCBにはクイックペイという電子マネーがあります。コンビニやスーパーで使えます。日常の食品やタバコもほとんどクイックペイで支払います。これも毎月3~4万円くらいで年間で約4000マイルくらいになります。

【Edy】

 ANAマイレージクラブの会員ならEdyを使うと200円につき1マイル貯まります。さらにANAゴールドカード、ANASFCゴールドカードでEdyチャージすると200円につき1マイル貯まります。Edyを使ったときに200円単位なので端数は切られるので、厳密には100円1マイルといえませんが、ANAカードを使うのと、ほぼ同様にマイルが貯まります。クイックペイの使えないファミマで使えるので、沖縄に行くと威力を発揮します。沖縄はEdy天国で、お土産屋、レンタカー、居酒屋、吉野家、地元のコンビニCOCOでも使えます。札幌では、ホーマックと薬のツルハで使えるます。

 ということでほどんど現金を使わない生活をすれば、月々の出費のかなりの部分でマイルを貯めることができます。

ポイント交換他でマイルを貯める話は、その3 へ続く


どうでもよくないかもしれないけど、どうでもいい話目次へ