凡人のとりあえずビールインデックスへ すすきのへ行こう!携帯版QRコード
日本の原発は下水のないトイレ

 今回の福島第一原子力発電所の事故で、使用済みの燃料棒というものを冷やすのには何年もかかるということを初めて知りました。そしてその使用済み燃料棒が冷えたらどうするかというと、そのほとんど現在のところ原子力発電所に貯蔵したままの危険な状態です。青森県の六ヶ所村の核燃料再処理工場は、2兆円以上の費用をかけて建設されたのにいまだに稼働していません。そのため高い費用と危険な海上輸送という手段を使ってフランスの処理工場との間を往復しています。

 使用済みの燃料でさえこういう状態ですから、放射能を帯びた廃棄物の処理などは最終処分まで全然決まっていません。ニューモって言葉をテレビで聞いたことがあるでしょう。あれは原子力発電環境整備機構というまあよくある天下り組織が最終的に埋め立てる場所をまだ探している状態で、90億円交付金をあげるからどっか手をあげてくれる自治体はないかいってテレビCMをしているわけです。

 ということで、原子力については、いまだに下水のないトイレ状態なのです。先のことを全然考えない大人たちの行動に、今の日本の子供達に明るい未来ってあるんでしょうか。自分らが死んだ後で、原子力のゴミを、今の子供達になんとかしろっていうつもりなんでしょう。1000兆円を超える借金を作ってあとは、お前達なんとかしろというのと同じで、立つ鳥後を濁しすぎ!


東北地方太平洋沖地震について思うこと目次へ