凡人のとりあえずビールインデックスへ すすきのへ行こう!携帯版QRコード
節電すれば原子力発電所いらないじゃん(実践編)

 震災後、節電を実践してみました。まずは結果から発表

2/19~3/21 消費電力 437kWh 電気料金 10,468円
3/22~4/18 消費電力 305kWh 電気料金  7,311円

 見事に3割以上の節電に成功です。凡人の消費だけを考えれば、日本の発電量の3割を占める原子力発電は不要という結論です。オフィスでも実践するとこれ以上の節電効果があると思います。

 実践したことは、ネット、パソコン、ACアダプタまわりの電源を切ったのがメインで、その他は、普通にいない部屋の照明をつけっぱなしにしないのと、ウォシュレットの便座を暖めるのをOFFにしたくらいです。

 まずは、フレッツ光、ルーター、無線ルータ、HUB、電話、外付けHDDをつないでいるコンセントをパソコンを使わない時には切りました。


 次はパソコンと液晶ディスプレーの電源コンセント


携帯電話とかのACアダプタのコンセント、今までは差しっぱなしでした


 写真はすべて節電前の状態で撮影しました。ACアダプタもコンセントに差しているだけで電気を消費します。ネットは確かにパソコンの電源を入れていないときには不要です。

 USB機器も、使わないときは、コネクタをはずして、外部電源の必要なものはコンセントから抜きます。

 デスクトップパソコンは電源を切っても、本体は電気を消費しています。ノートパソコンもコンセントにつなぎ放しだと、充電を繰り返します。電源を切った際は、長時間バッテリーで使用した場合以外はコンセントを抜いておきましょう。


東北地方太平洋沖地震について思うこと目次へ