凡人のとりあえずビールインデックスへ すすきのへ行こう!携帯版QRコード
メーカーネット工作員なのか、熱狂的メーカー信者なのか

 価格コムの掲示板を見ていると、感じるのですが、メーカーのネット工作員なのか、熱狂的メーカー信者なのかよくわかりませんが、特定のメーカーをけなして、特定のメーカーを持ち上げる書き込みが目立ちます。

 DVD(BD)レコーダのクチコミだと、シャープのアクオスのところは、購入相談をしても、パナソニックかソニーを買えという答えが返ってきます。ほぼ否定的な書き込みばかりです。にもかかわらず、シャープのレコーダのシェアはそんなに小さいわけでなく、けっこう売れています。

 凡人は、シャープ、パナソニック、東芝を購入しましたが、シャープが一番使いやすいと思います。パソコンと違って家電なので、あまり高度なことはできなくても、やはり使いやすさだと思います。東芝は、購入して、録画した番組の頭と後のCM部分だけをカットするだけの作業が、プレイリストがなんとかチャプター削除がどうとかと、結局説明書を読んでも、サポートに電話しても出来なくて、即実家に送ってしまいました。パナソニックは、アナログチューナーのみの時代のもので、同時代のシャープと比べると使い勝手はイマイチでした。

 価格コムのデジタルカメラ、デジタル一眼のクチコミにいたっては、さらにメーカー間の、クチコミ戦争が熾烈です。カメラについては、フィルムカメラ時代からの信者がいるので、特に激しいのだと思います。ニコンVSキャノンの信者達の戦いや、フィルムカメラメーカーVS家電メーカーとの戦い。いまどき、デジカメなんてどこのメーカーでも普通にいい写真が撮影できます。問題は撮影する人の腕だと思うんです。

 さて表題のメーカーのネット工作人なんてほんとうにいるんでしょうか?食べ物やサービス業のクチコミにおいては、店のスタッフによる自作自演が横行しているのは見え見えなのでわかるのですが、果たして売上が数兆円の企業がそんな他社の製品を卑下するような姑息なことまでして自社製品をアピールしたいのだとしたら、さすがにその企業の倫理を疑います。


どうでもよくないかもしれないけど、どうでもいい話目次へ