凡人のとりあえずビールインデックスへ すすきのへ行こう!携帯版QRコード
セキュリティーとバックアップ

 世界がネットでつながる社会で、個人情報が流出したとか、秘密情報が流出したとかのニュースが流れるのは日常茶飯事である。凡人は10年前にKDDIのプロバイダDION(今はauone-net)加入していたときの情報が流出して、長年使っていたプライベートのメールアドレスが迷惑メールの山で使えなくなった事があります。

 ネットでつながっている以上は、いくら万全のセキュリティでも、鍵はいつかは破られます。物理的に切断しない限り絶対はないわけです。

 凡人は、毎日使う必要なデータは、外付けHDDに保存しています。それも下のような、2.5インチのポータブルHDDです。容量は500GBです。遠出するときは、ノートパソコンといっしょに持ち歩きます。バックアップは同様のポータブルHDDと、3.5インチの外付けHDDにしています。若干速度の速い内蔵HDDにデータを保存しないかというと、PC本体でトラブルがあれば、HDDにもダメージを及ぼすおそれがあるのと、PC自体がトラブルがあったときに予備機またはノートパソコンですぐに仕事を続けることができるからです。バックアップは、MS-DOS時代の名作VZエディターの作者「c-mos」さん制作の「zcopy」というフリーソフトを使っています。きめ細かくオプションを設定できて、コピー速度も速い秀逸なソフトです。

現在のデータ量は、容量の約半分くらいです。最初は40GBのHDDからスタートしたのですが、デジカメの撮影データとかで、だんだんデータ量が増えていき60GB→80GB→300GB→500GBに買い換えしました。




どうでもよくないかもしれないけど、どうでもいい話目次へ